やり方を知ろう|膣の縮小をして自信もアップ|先生に相談をしてみよう

膣の縮小をして自信もアップ|先生に相談をしてみよう

婦人

やり方を知ろう

ウーマン

急な尿漏れや、性行為時の不具合は女性にとってショックが大きいです。近年は膣の緩みを解消するストレッチがありますが、効果がすぐ出るわけではないため、即効性を求めると物足りないかもしれません。膣の縮小は、クリニックで行なうことができるので、自ら改善を図る必要がなくなります。方法としては、レーザーや超音波、注射、高周波でしょうか。先に紹介したレーザーは、膣内部に直接照射をし、引き締めるといった処置をします。レーザーの種類はたくさんありますので、クリニックで受ける場合はどの種類を扱っているのか確認しましょう。なお、施術時間はおよそ15分から30分です。時間も短く、簡単なやり方ですから膣の縮小施術を初めて受ける人向けでしょう。続いて超音波と高周波ですが、メスを使わずにできる嬉しい方法です。新しい機器を扱うクリニックでは、痛みや出血を伴わず縮小できるため、ダウンタイムはほぼ経験しません。術後一年から二年は、膣を縮小させたままで大丈夫でしょう。また、ふっくらとした膣になるとして注射も多くの女性から注目されており、付近に注入するだけという最も簡単な方法で縮小させます。効果は超音波同様、一年から二年です。

上記の方法で膣を効果的に縮小できますが、場合によっては縮小効果が縮まる可能性があります。半永久的に膣の縮小を長引かせたいならメスを使って手術をした方が良いでしょう。値段は少々高くなりますが、再発しないことを考えるとコスパが良いやり方だといえます。